2020年1月中旬から~2月上旬までIgA血管炎で入院していました。
2020年5月現在も治療中のため、サイト更新遅れています。
2020年5月から日下部柚希さんがブログメンバーに加わり、
過去に執筆したブログこちらに移動しました。

おつまみ2:とり皮ジャーキーと砂肝ジャーキー

FOOD
この記事は約2分で読めます。

これは結構前から販売されているし、いろんなところで販売されているので知っている人いるかも?

お酒のおつまみにむっちゃ合う、沖縄のおつまみ砂肝ジャーキー(塩・コショウ味)・とりかわジャーキー(コショウ味)をご紹介します!!

砂肝ジャーキー(塩味)

塩味の砂肝ジャーキーは、元々がコリコリした食感の素材で、噛み応えバツグン!

噛めば噛むほど味が出てくるので、お酒のおつまみにも最適です。

割と薄味ですが砂肝の味がよくわかります。

砂肝ジャーキー(コショウ)

コショウ味の方は、割とコショウが強めな感じがしました。

しかしお酒を飲んでいると濃い目の味の物のほうがあうので、これはこれでピッタリかと。

こちらも噛み応えバツグンで、アゴが疲れます。

あごが弱いという人は、この砂肝ジャーキーでアゴを鍛えてもいいかもですね。

とりかわジャーキー(コショウ味)

おつまみ系の鳥皮というと、しっとり系を思い浮かべる人が多いかと思いますが、このとりかわジャーキーはサックサク!!

ポテトチップスよりもサクサクで、歯ごたえがいいです。

サクサクの鳥皮好きにはたまらないかもw

こちらも砂肝と同じくコショウ味は少し強めなので、お酒のおつまみにはもってこいです!

大きいサイズで販売されている!

今回は150円くらいの、小さなパッケージのものを沖縄のアンテナショップで購入しました。

実はこれ、300円台の大きなサイズのものもあったんですよねー。

何故そっちを買わなかったと後悔するほど、お酒のおつまみに最適だと思うほど。

ちょっと小腹がすいたときのおやつにもいいですよ!

通信販売なら各種セットで販売しているショップもあるので、まとめ買いするのもおすすめですよ!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました