2020年1月中旬から~2月上旬までIgA血管炎で入院していました。
2020年5月現在も治療中のため、サイト更新遅れています。
2020年5月から日下部柚希さんがブログメンバーに加わり、
過去に執筆したブログこちらに移動しました。

弥生賞予想

公営ギャンブル
この記事は約1分で読めます。

しばらくぶりでございます。冬眠しておりました。

 

・・・嘘です嘘です、物を投げないでください><

今秋から再びガンバリマス。・・・うん、がんばれるといいなぁ。

というわけで。

 

◎ニシノデイジー

スローペースに難がある点はありますが、完成度はここではまだ1枚上。

血統的にも雨を気にするタイプでもないと思うので、ここはがんばってくれるはず。

〇ブレイキングドーン

▲のラストドラフトと悩みましたが乗り替わりと雨が降ったこと、前走ホープフルSが参考外に出来るレースだったことを踏まえてこちらを上に。

本番はともかく権利取りはしてくれるのではないかと。

▲ラストドラフト

桜花賞馬マルセリーナの仔ということで血統的にも問題はなし。2戦目で京成杯を押し切った事からも能力の高さは疑いようもないでしょう。

あっさり勝たれても仕方はないとは思いますが、今回は3番手評価。

以下ウインラディウス、メイショウテンゲン、大穴でシュヴァルツリーゼまで。カントルはもう少し時間が必要な気がします。

いつも通り◎-〇▲-印の馬での3連複フォーメーションで。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました