2020年1月中旬から~2月上旬までIgA血管炎で入院していました。
2020年5月現在も治療中のため、サイト更新遅れています。
2020年5月から日下部柚希さんがブログメンバーに加わり、
過去に執筆したブログこちらに移動しました。

2強でやむなし?波乱あり?安田記念

公営ギャンブル
この記事は約2分で読めます。

春の連続G1シリーズもついに最終週、安田記念です。

アーモンドアイとダノンプレミアムが出走してきたことや、G1ホースも多く揃ったことでメンバーレベルは高くなったのではないでしょうか。

これまでの戦績などもあり上位人気2頭が圧倒的に抜けたオッズになっていますが、スンナリ決まるのか混戦になるのか。

先週よりやや時計がかかり(2秒程度プラス)、通常に戻ったともいえる東京競馬場の芝の状態からも注目です。

 

◎ダノンプレミアム
先週までの超高速決着馬場なら若干評価を落とすことも考えましたが、先週以上に前が残りやすく外からの差し馬が届きづらい状況なら、外枠になったとはいえすんなり先行できるこの馬向きといえるのではないでしょうか。もちろん目標になる分また川田Jがアーモンドアイの2着になる、という不安もありますが。

〇アーモンドアイ
正直この〇は嫌です。この2頭からの流しは基本買いたくない。

何が何でも勝たなきゃいけないレースと言うわけではなく、他に出すレースがないからここに出てきた、という感じですらするんですよね。とはいえポテンシャルは言うまでもないので買いたくないけど入れざるを得ないのが本音。

 

以下はアエロリット、サングレーザー、インディチャンプ、フィアーノロマーノ、ペルシアンナイト。

本質的には◎から1頭軸流しの3連複と、〇を抜いた馬単を想定しています。
さて、今週もデスになるのか、お楽しみに。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました